WordPressテーマ購入はこちら

【徹底解説】元セラピストが教える おすすめ 腰痛改善方法 腰痛の種類 腰痛対策グッズ

どーも!便利です!!
今回は肩こりの解消方について書いていきます。

肩こりもかいているのでこちらも参考にしてみてください!

目次

はじめに

厚生労働省の国民生活基礎調査によると腰痛で悩む方は全国で2800万人にもおよびます。日本人の4人に1人は腰痛に悩まされているのです。

ここでは、誰でもできる腰痛のチェック方法、改善トレーニング方法を紹介します。 また、筋肉を鍛える体操やストレッチなど腰痛解消方法を紹介していきます。

腰痛のチェック方法

まず、自分の腰痛の度合いをチェックしていきましょう。
症状がひどい場合は、病院や整骨院・接骨院での受診をすることをおすすめします。

また、腰痛になりやすいのかなど自分の体の傾向をチェックしていきましょう。

腰痛危険度チェック

  1. 何もしていない時も腰が痛む。
  2. 姿勢が悪い。とくに背中、背骨が曲がっている。
  3. お尻から脚にかけて痛みを感じたり、しびれを感じる。
  4. 脚の痛みやしびれで長い時間歩くことができない。
  5. 体勢を変えたり・体を動かした時にだけ腰に痛みを感じる。

1|に該当する場合は、ただの腰痛ではなく病気の可能性が想定されます。
該当する場合は病院での受診をおすすめします。

2|に該当する場合には、骨や関節に異常があるかもしれません
関節の変形、骨粗しょう症、筋肉の萎縮などによる骨の湾曲という可能性も考えられます。

この場合はリハビリが必要なので、病院を受診し、通院することをおすすめします。
また、骨粗しょう症の場合は、骨全体がもろくなっている可能性も考えられるので、すぐに医療機関を受診しましょう。

3|、4|のしびれが伴う症状は、要注意レベルになります
基本的にしびれは、神経に関係しています。椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、坐骨神経痛となどが考えられます。
長い期間治らない場合や、痛みやしびれが悪化している場合には受診をおすすめします。

5|の動いたときだけの痛みは、筋肉や関節の炎症が考えられます
早期の治療で改善がみられる場合が多いですが、痛みが長引くようなら受診が必要です。

腰痛なりやすさチェック

  1. 常に姿勢が悪い(猫背)
  2. 運動をしない、苦手
  3. デスクワーク、座位で過ごす時間が長い
  4. 荷物の持ち上げ、立ち上がったときに腰が痛い
  5. カルシウム不足
  6. 冷え性
  7. 肥満
  8. 日光を浴びる機会が少ない

1~8に、何個チェックがつきましたか?

こちら項目は全て腰痛に繋がるチェック項目です。
そのため、該当する項目が多ければ多いほど、腰痛になりやすいということです。

日頃から運動をする習慣がなく、長時間同じ姿勢で過ごす事が多ければ、腰痛になりやすい傾向にあります。

また、筋力の低下、カルシウム不足も腰痛には大きく関係してきます。
太陽の光に当たることも、骨を強くするには必要なことなのです。

これらの中で、ほとのど該当する項目があった人は、腰痛がなくとも腰痛予備軍として注意が必要です。

腰痛の種類

腰痛を抱えている人は日本中に多くいますが、腰痛の原因は様々です。

腰痛の多くの場合は複数の要因が関わっていることがわかっています。 
痛みの種類を知ることで正しい対策を行っていきましょう 。

原因の分かる腰痛(特異的腰痛)

腰痛ですると、症状を確認した上で、さまざまな検査を受けることになります。
原因の分かる場合、以下のような病気があります。

  • 腰の骨や関節の異常によるもの
    • 例:腰部脊柱管狭窄症・腰椎椎間板ヘルニア・腰椎の骨折
  • 腰を通過する神経によるもの
    • 例:脊髄の腫瘍
  • 腰周囲にある臓器によるもの
    • 例:腎結石、尿路結石、子宮内膜症
  • 腰周囲にある血管によるもの
    • 例:腹部大動脈瘤、解離性大動脈

原因の分からない腰痛(非特異的腰痛)

原因が特定できないことがあります。また治療した後でも腰痛が残ることがあります。このような腰痛を非特異的腰痛と呼びます。原因としては以下のものが考えられます。

  • 血流の減少
  • 筋力の低下・こわばり
  • 心理的ストレス
  • 腰に負担のかかる生活習慣

腰痛改善対策

ストレッチ

筋肉を伸ばすことで、筋肉のこわばりを減らし、血流を良くします。
またストレッチはリラクゼーションにも効果的なので、原因のわからない腰痛などにも効果が期待できます。

体幹トレーニング

慢性的な腰痛には、筋力強化が効果的です。とくに腹筋や背筋といった体幹の筋肉トレーニングは、腰を支える筋力を強するため、腰椎への負担が軽減できます。

姿勢改善

姿勢を改善することは、腰痛の予防につながります。
悪い姿勢は腰に過剰な負担をかけます。また、悪い姿勢は癖になっている場合が多く、その結果、慢性的な腰痛につながってしまいます。また、脚を組むことは骨盤が歪み腰痛につながることもあるのでやめましょう。

腰痛対策クッション

MOGU(モグ)ビーズクッション ヒップアップスタイルシート

MOGUといえば、ビーズクッションでおなじみのブランド。ここの腰痛対策クッションは座り心地がいいんです。
三角形の座面の1点が上に伸びた形状になっています。仙骨(骨盤の中央)を支えて立ち上げることによって姿勢を良くし、背中と腰をラクにしてくれます。

PROIDEA(プロイデア)馬具マットプレミアム

こちらは乗馬するときにお尻に敷く馬具(鞍)の構造を立体的に再現したクッションになります。
長い時間、安定していい姿勢で座れるように作られているので腰が痛くなりにくいです。

MTG Style(スタイル)スタイルプレミアムデラックス

価格としては、腰痛クッションの中でもトップクラスとなりますが、高いだけあってとても効果を期待できる商品になります。
お尻から腰までをホールドしてくれるので腰全体をすっぽり包み込んでくれる分、正しい姿勢をサポートする力が高いです。

最後に

いかがでしたか?
日々の積み重ねが腰痛につながっています。逆に、日々の積み重ねが腰痛を改善してくれるということです。

みなさんの腰痛がこの記事で少しでも減ってくれることを願っています!!


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

どうも!!便利です!
大学生で月収30万達成した経験があります!
現在制作会社で動画制作・webサイト制作をメインに活動しています。
他にもセラピストの経験や、元実業団の駅伝選手の経験談もあり!

便利情報発信中です〜。

目次
閉じる